妊婦さん・お子さんの便秘

妊婦さん・お子さんの便秘のてっとり早い解消方法

便秘で困っている方の中には、妊婦さんや小さなお子さんもいると思います。妊婦さんの場合には、薬なども使用することが出来ませんから、どんどん症状がひどくなっている方もいるでしょう。
小さなお子さんの場合にも、体が小さいですから、薬などで負担をかけるのは避けたいもの。

 

では、妊婦さんや子供の場合には、どのように便秘改善を行ったら良いのか、ご紹介しましょう。
体に、少しでも負担をかけない便秘改善方法は、天然のオリゴ糖を取り入れること。オリゴ糖といえば、お腹がゆるくなるというのは、ご存知の方も多いですよね。天然のオリゴ糖であれば、妊婦さんのお腹の赤ちゃんへの影響もありませんし、小さなお子さんでも問題なく取り入れることが出来ますよ。普段のお茶などに、天然オリゴ糖を加えるだけで、便秘改善が行えれば、とても手軽な方法でもありますよね。
また、中には天然のオリゴ糖を取れている、便秘改善のサプリメントなども販売されています。こういったサプリメントの中には、乳酸菌などを配合しており、より腸の蠕動運動などを高めることも出来ますから、便秘改善に期待が持てますよ。

 

妊婦さんや子供の場合には、改善を行う際には「薬は使用したくない」と考えている方が多いでしょう。しかし、便秘の症状を放ったままにしておくのは危険ですから、こういった天然のオリゴ糖などを上手に取り入れて、安全な便秘改善を行っていきましょう。オリゴ糖は、料理にも活用出来ますから、便利ですよ。

3離乳食前の便秘

離乳食が始まる前には、便秘の状態が気になっているお母さんも多いと思います。「母乳だけで育てているから、栄養が足りないのでは?」と心配になっている方も多いでしょう。では、離乳食前の便秘について、ご紹介しましょう。便秘を起こしているお子さんの場合には、「母乳だけで、育てている」という方もいると思います。しかし、便秘の原因は母乳だけで育てているからではありません。ミルクで育てているお子さんでも、体質により便秘を引き起こしてしまう子もいます。そのため、あまり気にしないことが大切。神経質になりすぎることで、逆に子供にストレスを与えてしまう可能性もあります。「なかなか、便が出ない」ということで、病院などに連れて行く方もいますが、病院に連れて行くほどのことでもないでしょう。3日、4日経っても、便が出ない場合には、綿棒などにベビーオイルをつけて、赤ちゃんのお尻の穴を刺激していきましょう。こうして刺激していくことで、するっと便が出てくることも多くあります。これでもダメな場合には、綿棒をしっかりと動かして、肛門筋がしっかりと刺激する様に行ってみましょう。こうすることで、3日、4日便が出なかった子でも、刺激により便が出ることがありますよ。
このように、離乳食が始まる前のお子さんの便秘の場合には、あまり神経質になり過ぎないこと。そして、3日、4日便が出ない場合には、綿棒を使って、刺激を与えて便意を起こさせてみてくださいね。

関連ページ

便秘を甘くみない
「また、便が出ない」と思っている方の中には、「いつものことだから」とそれほど気にしていない方も多いと思います。便秘というと、「病気なわけではないから、大丈夫」と
便秘薬を使用中の方
自分で、うまく排便が出来ず、便秘薬などを使用している方も多いと思います。確かに、自分で排出が出来ない方にとっては、無理にでも出さなければ辛く
1週間に一度の排便の方
排便のタイミングや回数などは、みなさん異なりますよね。そんな方の中には、「排便は、週に一度程度しかない」という方もいると思います。
お腹が張っている方
便秘の方の中には、「常に、お腹が張っていて苦しい」という方も多いと思います。女性の場合には、お腹が張ることで、スカートなどがきつくなって
便秘と肩こりの関係
最近では、仕事でパソコンを使うのは当たり前になっていますよね。仕事では、1日中パソコンを使用している方も多いと思います。