即効で便秘解消

便秘の定義を知って便秘をてっとり早く解消しよう

「あまり、排出が出来ていない」という方の中には、「これは、便秘という状態になるのだろうか?」と思っている方もいると思います。便秘と言われると、「1日や2日出ないくらいでは、便秘とは呼ばないだろう」と思っている方も多いと思います。

 

では、便秘は、どういった定義となっているのか、ご紹介しましょう。しかし、便秘といういのは、これといった便秘に定義がないんですよ。しかし、3日から1週間のうち、1度程度の排出の場合には、便秘と考えた方が良いかもしれません。しかし、人によっては、それが普通という状態もあるため、全てが便秘と判断出来るわけではありません。人によって、毎日何度も排出をする方もいれば、数日に一度の排出という方もいますから、体質などによっても異なってくるでしょう。

 

では、便秘かどうか判断するためには、どういったところからするのかというと、排便の回数が人と比べると少ないと感じたり、便の量が減ってきていると感じている方、水分が少なく硬い便という方、排便の際に苦労している方、常に残便感などがありお腹が張っていると感じている方などは、便秘と考えて良いでしょう。
しかし、中にはお腹の張りや排便に苦労している方の場合には、便秘ではなく、他の病気などが原因となっていることもありますので、注意が必要となります。

 

このように、便秘はこういった定義という決められたものはありませんが、これらの症状に当てはまる方は、便秘と考えた方が良いでしょう。便秘は、様々な体へのトラブルなどを起こしてしまうこともありますから、早めに改善するようにしましょう。


便秘を解消したいなら原因を突き止めるのも大事なこと!

「便秘で悩んでいる」という方の中には、「どうにか改善したい」と考えている方も多いと思います。便秘を解消していくためには、やはり原因を探っていく必要があります。
では、様々に考えられる便秘の原因をご紹介しましょう。まずは、食生活。

 

普段から、肉や加工食品などの栄養価の高いもの、消化の良いものを、好んで食べている方もいると思います。しかし、消化が良いものでも、量が少なければ便を作ることが出来ません。便をしっかりと排出するためには、やはり食物繊維の豊富な食事を摂ることが大切となります。お肉が好きな方も、とんかつと一緒にキャベツの千切りをしっかりと食べる、などバランスの良い食事を心掛ける様にしましょう。また、水分補給も忘れずに行いましょう。また、便秘の原因として、排便のタイミングを失ってしまうことも考えられます。仕事で忙しい方などは、便意を感じてもすぐにトイレに行けない方もいると思います。

 

 

便意のタイミングを一度失ってしまうことで、せっかくの排出のチャンスの逃していることになり、どんどんその状態が慢性化してしまいます。思い当たる方は、便意を感じたらすぐにトイレに行くように心掛けましょう。更に、運動不足も便秘の原因のひとつ。運動をしないことで、腹筋の力がなくなり、便を押し出す力も失ってしまいます。「最近、体を動かしていないなぁ」と感じている方は、適度な運動を取り入れる様にしましょう。その他、ストレスや便秘薬が原因となっていることもあります。
このように、便秘の原因は様々。便秘に悩んでいる方は、まずは自分の便秘の原因を探っていくことからは対策を練りましょう。


便の形は正常ですか?ラブレ菌サプリメントはこう選ぶといいですよ!

サプリメントを選ぶときにはその形状が大事です。サプリメントの定義は、人が自分の代謝や普通の食事では賄えない物質を補うもののこと。ラブレ菌の場合は配合したヨーグルトなどもございます。これも広義ですとサプリメントですね。
ラブレ菌サプリメントには粉末、液剤、カプセル剤などがございます。今人気なのは飲料型の製品です。吸収率が高くジュースのように気軽に飲めるので評判がいいようです。ただ、結構場所をとりますし、持ち運びは難しい容器もありますね。栓をあけたら劣化が始まるのも飲料型サプリメントの弱点です。乳酸菌は花粉症にも効果的であることを知っている方が増えてきていることもあり免疫力 乳酸菌サプリを選ばれる方も増えてきました。

 

次によくみるのがカプセル型のもの。粉末を封じたもので飲むとお腹のなかまでラブレ菌が届きます。飲みやすくかさばらないのがいいところです。ただお値段がいいものが多い傾向がございますね。
次が粉末型。好きな飲み物やゼリーなどに混ぜて飲むことができます。カプセルに比べてリーズナブルです。出先で飲むこともできますよ。問題は人によっては呑み込みづらいことですね。飲み物に混ぜればそうでもないのですが、ドライマウスなどの方は、粉末は呑み込めません。くっついちゃうのです。

 

他にハーブに乳酸菌を配合したお茶などもございます。すぐきの味がするのではないかと心配な方もおいでかと思いますが、ほとんどのサプリメントはフレーバーが付いたり、味を感じない工夫がされていますのでご心配なく。レビューなどをみてみるとよいですね。


便意の仕組みには自律神経が関係していた!

便意というのは、どの段階で起こるかご存知でしょうか。便は、最初から直腸にあるわけではありませんので、便意が起こるタイミングなども異なってきます。
では、便意の仕組みについて、ご紹介しましょう。便は、通常上行結腸を通り、横行結腸で水に溶け、小さな塊などになっていきます。

 

そして、下行結腸、S状結腸あたりに、溜まっていくことになります。この時から、「便意は感じるのでは?」と思われる方もいると思いますが、この段階では、まだ便意は感じることはありません。どこで便意を感じる様になるかというと、結腸に蠕動運動や大波浪運動が起こり、直腸にその動きが移行された時に、初めて感じることになります。直腸では、便を受け入れ膨らんでいくことになります。そして、直腸の壁が刺激されることで、少しの量の便でも便意を感じることが出来ます。時には、直腸が緊張をすることで、空っぽの状態にも関わらず、便意を感じることもあります。

 

便意を感じれば、当然トイレで力むことになりますよね。洋式のトイレの場合には、座ってお腹に力を入れることで、横隔膜が下がり、骨盤の筋肉を収縮させることで、肛門を上げて排出が出来る様になります。
普段、何気なく行っている行為ではありますが、体の中ではこういった様々な機能が働いていることで、正常に排出が行えることになります。しかし、便意を感じているにも関わらず、何度もタイミングを逃していることで、この反応が鈍くなってしまうことがあります。便意を感じた時には、すぐにトイレにいくことが、便秘予防の秘訣といえるでしょう。


更新履歴